車に乗っていて遭う事故、車から追突される事故、車、自転車関係なく、歩いていて遭ってしまった事故…。事故にもさまざまありますが、事故に遭ってしまった以上、一度はどこかで診てもらう必要があります。

■車に乗っていた場合の外傷

“むちうちなどの首の痛み”
“背中の痛み”
“頭痛”
“各身体部位の打撲”
“骨折・ねんざ”
など。

■歩いていた場合の外傷

“骨折・捻挫”
“擦り傷”
“各身体部位の打撲”
“肉離れ”
“首・背中・腰などの痛み”

上記にあげたような外傷が比較的多いです。こういった場合、医者に相談するのはもちろん、われわれ整骨院などへのご相談をお勧めします。とにもかくにも早期のご対応が、あなたの身体を健康に導くことは間違いありません。