「むち打ち症」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものを示します。
しかし「むち打ち症」は、正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれています。多くの方は頚椎捻挫型、根症状型、バレ・リユウー症状型、脊髄症状型、脳髄液減少症などに診断され、様々な症状がでてきます。